メイポしようよ!

 無料オンラインゲームのメイプルストーリーで活動中の やっぺ の日記です。  リアルな日常も書込みしたりしてます。

プロフィール 

やっぺ(こいぬ)

Author:やっぺ(こいぬ)
こんちゃ^^
やっぺのブログへようこそ!!
かりんサーバーで活動チューです!
おもしろい?!日常とメイポの話をカキコしていきます!
よろしく 

(@^^@) がんばります!!

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

CLASSICLOCK 

FC2カウンター 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 
ya7.jpg

与論島より戻って来ました^^!
海はキレイでしたよ!



ya1.jpg

島自体が珊瑚でできただけに台風の影響が少ないのかな?
なんでも沖の方の珊瑚でできた岩?に波が当たって弱まるそうです^^

ya7.jpg

おかげで 海は透明度が良くて魚が良く見えました^^
ずっとシュノーケルで魚を追っかけてました!
浅瀬でも魚がたくさん見れた^^
きれいな魚、大きな魚、小さい魚とたくさんいた。
朝食のパンをちぎって海中ですりつぶすように撒くと魚に取り囲まれてしまいます^^;

ya6.jpg

エサを撒くと 取り巻く魚が多過ぎて、ちょっと恐さも感じます^^;


ya5.jpg

そして残念なことも・・・ 与論島の珊瑚は10年ぐらい前に死滅してしまっているんです!! 今はその名残り、残骸しか有りません・・・"(ノ_・、)"
今は復元の芽が出てきているんですが・・・

 
ya7.jpg

それでも綺麗な海に満足したからいいかなぁと^^


ya1.jpg

今回はプリシアリゾート(Cタイプ 朝夕食付)に連泊したけど
次回は民宿でもいいかと思う、食事が多すぎたのも有るけど、マリンで遊ぶのには他で頼んだ方が一人2000円ぐらい安い!
プリシアで頼むとちょっと高目でした。
施設(船や乗り物)は新しいけどね・・・
プライベートビーチも有るけど、特に囲いも無いから行けるし
泳ぐだけならプリシア前で!他の遊びは百合が浜付近がいい
綺麗なところに泊まりたいなら、プリシアに素泊まりも有りかなと思う^^

また行きたいなぁ・・


続きは航空機事故の話です読まなくてもいいかも^^; 





ya4.jpg

話は変わって・・・

えっと・・ブラジルのサンパウロのコンゴーなんとか?空港で起こった航空機事故の話はどうなったかなぁ?


ya3.jpg

飛行機に乗る前にそんなニュース聞かされて、
正直言って 飛行機に乗るのが恐かったよ^^;


ya5.jpg

自分が知ってる内容だと
滑走路が短い空港に着陸したが、水はけが悪くアンコントロール(スケートのように滑った?)で、機長が再度離陸を決意して加速!
『上がれ!上がれ!』と機長?の声有り!
離陸できずに! 一般道路突き抜けてガソリンスタンドに激突炎上してしまった!!

もっと詳しい内容は以下
http://www.latina.co.jp/html/topics/topics_disp.php?code=Topics-20070720164401

いろいろ言われてるようですが・・・
その前にこの飛行機はジェット機なのかなぁ?
バックファイアー(着陸確認後逆噴射する)すれば止まるんじゃないの? 
ジェット機じゃないのかな?


とりあえずの仮説ですが原因を考えてみました。

 仮説①
えっと・・・
まず、機長が再度離陸しようと加速してることから、
エンジントラブルでは無い
と判断できます。

 
 次に空港の水はけの悪さについてですが、これが原因なのは大いにあると思います。

 着陸後・・・機体がスリップした? アンコントロールであったことからハイドロプレーニング現象が起きたんだろうと思われます。
この現象が起こりうる原因は・・・

・速度が超過している状態であること

・タイヤの溝が磨り減っている状態であること(航空機のタイヤはスリ減りにくい素材が使われて機体と平行方向に溝があります。)

・水がアスファルトコンクリート上に有る時は特に起こりやすい(タイヤの接地面とアスファルトコンクリートの間に水が挟まり滑ります!乗用車のスリップ事故はほとんどがこれです。)


 しかし、航空機ほどの重さがあれば、タイヤの接地面とアスファルトコンクリート間の水は抜けるように思えます。よほどの水かさがあったのでしょうか?
または通常よりも早い速度での滑走路への進入と考えられます
 
 そうすると・・・・
 機長は着陸時に進入速度が速いと思ったはずです! 
 それでも止まろうと思った時にコックピットを支点に機体が横滑りし初めて・・・機長は最悪の事態を思ったはずです。
 再びエンジンの出力を上げて加速に入りました。加速することで横への滑り出しは押さえられて機体は直進します。
 しかし、ここの滑走路は短い!!
 加速したが、ゆっくり減速して止まる距離が無いと判断!!


 一転して離陸を決意します!!
 さらに加速しようとします!!

ここで航空機の離陸の仕組みですが、
航空機は離陸するにはスピードが必要です!!
翼は上がふくらんでいて下側が平らです。これは空気の流れを意味しています。
翼の上側はふくらんでいる分、距離が長いので同じスピードで走った場合は、下側よりも上側にたくさんの空気が流れます!
このとき空気の流れが多い方のが、より圧力が減る現象が起きます。(ベルヌーイの定理)
下側よりも上側の方が圧力が減るんだから、下の圧力が翼を押し上げるんです。
よって離陸します。

航空機を押上げるのに必要なスピードはどのくらいなんでしょうか?
鉄の塊ですから かなり出ないと飛びませーん(;´д` ) トホホ
ざっと300キロぐらい?追い風だと空気の流れの妨げになるのでもっと必要です!!

滑走路には水が有ります!!
機体が前に進もうとする推進力の妨げになってます!!
速度が出ません・・・・
また、十分な速度が出てないのに早く離陸したいと思い、操縦桿を手前に引いて上側の空気の流れの妨げになっていたのでは?

結果・・・・離陸できない!!

当然オーバーランしました!!

次に機長は機体を止めようと判断したはずです

 自力では絶対に止められないので、何かで止めることを考えました!!
あそこに機体を受け止められそうな施設があると判断! (おそらく無意識でしょう)あそこって?
グーグルアースでサンパウロ空港見たけど・・・
市街地を避けてそこに突っ込んだとも考えられるなぁ・・


まさか、飛び込んだ施設が・・ガソリンスタンドとは・・



仮説②(タラレバ・・)
航空機が通常の速度で滑走路に進入していれば 助かりました。
滑走路に水がなければ 助かりました。
滑走路が長ければ 助かりました。
  
これは誰が悪いんでしょうか? 

空港側が悪いように思えますが・・・・

以上のことはあくまでも仮説ですので読んで、想像してください。
こんなんで(^▽^乙)
スポンサーサイト
2007/07/27 21:33|未分類TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://koinu101.blog52.fc2.com/tb.php/180-27f85859
 

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

Copyright(C) 2006 メイポしようよ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。